上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.16 バイク。
DSCN5246.jpg
若干お久しぶりです!
ネタも一応あることですし、これからはちょこちょこ更新できたらな、と思いますー。
ちなみにこれ、買いました。 車体16万+諸費用4万=20万。
程度の良い2型NS-1だそうで、ほとんど即決に近い。 納車時の走行距離は見ていませんでしたが、大体17500kmくらいだったはず。メーター読みです。
納車から1週間ちょい経った今現在、走行距離は18000km超えました。 結構走っていますw
納車当時はまず、ギアの操作に慣れるのが大変でした。 
エンジンかける → ギアを1速に入れてみる → 「あ、クラッチ入れてないや」 → エンスト。
これの繰り返しが3回、 よし、ゆっくり操作してみよう! と思い
エンジンかける → クラッチ握ってみる → ギアを1速へ → 少しずつスロットルを入れる → 同時にクラッチも徐々につなげてみる → 少しずつ発進 → どきどきして思わずクラッチ離す → エンスト。
これが2回か3回ありました。
何度かやっていくうちに、段々と操作方法や発進のやり方がわかってきたので、今度は走行してみよう、と言うことで
車の通らない細い裏道で軽く走行練習。 ギアチェンジに自信が無かったので、最初のうちは1速の低回転、時速はおよそ10km/h程度で走っていました。 まともに乗るバイクが初めての自分にとっては
10km/hでも中々の速さ。 正直、10km/hも出せば充分じゃないか? とか考えてしまうくらいそこそこ速く感じていましたw 30km/hだなんてとんでもない…。
低回転域の加速は、とても扱いやすく感じたので、少しずつ慣らしていくうちに徐々に回転数も上げつつ
シフトチェンジの練習も開始。
1速で走行中 → どきどきしながらクラッチを握る → 2速へシフトアップ → クラッチ離してアクセルを入れる → おお、できた!
しかし、ずっと2速~の低回転域で走っているため、多少の道のちょっとした山があったりするとすぐに減速してエンスト。 シフトダウンの練習もやらなきゃな、と思いました。
それから数十分、ほんの少しずつ慣れてきたので、思い切って高回転まで回してみることに。

低回転、15km/hで走行中 → スロットル徐々に入れる → パワーバンド突入



!?



びっくりしました、かなりの衝撃を受けました。 何この異常な加速。 当時の自分の体感的に言えばジェットコースターのかなり急な下りくらいの勢いはありました。 しっかりとハンドルをつかんでいないと吹っ飛ばされそうだな、と。
とにかくインパクトが凄かった。 あまりの速さに。 扱える自信が全く無かったので、パワーバンドに入れるのがちょっと怖かったです。
なので数時間は低回転でシフトチェンジの練習。 車の通らない裏道ながらも、徐々にウィンカーを忘れずしっかり出してでの右折や左折も練習してみました。
で、ちょこちょこ中回転域も使ってみたり。 あとはとてもうるさいバイクなので、あまり近所を周回したりは出来ませんでした。
社外チャンバーのおかげで余計に音量が上がっているようです。 ちょっと残念。 今のところ太いチャンバーがついているのですが、そのうち純正にしようかなと思っています。
ふと気づきました。 アイドリングで音がかなりでかいと思っていましたが、これでもまだマシなほうなんだ、と。
高回転での音が半端ないですからね。 なるべく低回転で走りたいのですが、パワーがほとんど出ないので
街中をあまりスムーズに走れないのが残念。 やはり中回転~高回転ですね。
あとは坂道でも常にパワーバンドに入れてないと、すぐに回転がどんどん落ちていきます。

今現在は練習のおかげで、街中も普通に走れるようなレベルになってきています。
今のところ問題なのは、発進のスムースさについて。 発進がどうももたつくので、 信号で停車していて、後ろにスクーターが居ると
スムースに発進出来ないことについて申し訳なく思ってしまいます。 最近はマシなほうになってきてはいるのですが。
最初の頃なんかはクラッチを繋ぐ感覚をつかめきれていなくて、大抵の発進時はエンストギリギリのところまで車体がガクッとしますw これが危ない。 
あと他に危ないところ言えば、シフトダウンについて。 停車しようとして1段1段シフトを下げていきますよね? その下げたギアでスピードがどのくらい出ているか、クラッチをどのタイミングで離すか。
低いギアのエンジンブレーキがかなり凄いのです。 スピードが20km/hくらいで1速へシフトダウン、クラッチを離すと急減速して大変危険です。 後続車が居るときがほんと怖いですね。
注意はしていますが、やらかしてしまう時がちょこちょこっと。 最初のころを比べれば随分減りました。 最初から完全に停止するとわかっていれば、減速中にシフトダウンしなくても
車体が止まってから1速までシフトダウンしたほうが安全と言えば安全かもしれません。


…と、長文になりましたが、これから少しずついろんな問題を解消していきたいと思いますー。


p.s
タイヤが細くてダサいと言われるこのタイプのバイク、写真で見ると木になりますが実物で見ると全く気になりません。 不思議ですね。

※画像の場所は駐車場内であり、バイク進入禁止の看板はその先へ行くことについて指しています。

Secret

TrackBackURL
→http://grneg.blog115.fc2.com/tb.php/462-a6d59cf5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。