上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.14 結果…
いやはや…書くのが遅れましたが、行ってきました。教習所へ。
原付免許を取り扱っている教習所が遠かったのですが、遥々と。。
朝の8時までに教習所のほうへ着きたかったので、始発のバスを使って12分。そこから電車を使って1時間。 やっと到着です。 駅の名前は二俣川と言うのですが、目的地はそこから15分も歩かなければならないという、地味に遠いですw
地道に歩いていると、声をかけられました。

「君、もしかして試験場行くの?」

えぇ、そうですが。

「じゃあうち来ない?うち来れば一発だよw」

いや結構です。  …と、ここでなんかチケットみたいなのを受け渡されました。

「君自信あるの? うちきなよ、ね!」

結構です。 その後ちょっとしつこめにうち来いといわれましたが、断りました。 裏校なんて行く気はありませんw
そこで再び歩き始めて5分。 今度は別のところからうち来ないか、と言われましたが当然お断り。
裏校って良いものなんですかね? 普通に勉強すればいいんじゃないかと思うのですが。
今回はどうせ自分は落ちる気満々で教習所まで行ったので、裏校なんて眼中にないですw

そして、教習所・・というか試験場についたのが7時半ちょい手前。 試験場の門の前には沢山の人が。 どうやら開門待ちのようでした。
平日の朝なのに、意外と人は来るものなんですね! 自分も開門待ちの一人となり、暇つぶしはケータイ。
開門されたあと、中に入ったはいいがまず何をすればいいのか全くわかりませんw とりあえず書類?みたいなものは必要だと思ったので
とりあえず証紙を購入、その後インフォメーションで原付受付専用の紙を貰いました。
何とか受け付けを済ませたあと、適性検査が終えて試験会場内へ移動後、試験開始時間までずっとお勉強お勉強。
この日のために原付取得云々の本を買ったのですが、その本を買って勉強し始めたのが何と前日の夜。
一応その前にもネットでそこそこ勉強はしていたのですが、毎日ではなかったので中途半端に知識が頭に入っている状態。 つまり、わからないことが多い状態だったんですw
で、試験開始ギリギリまで勉強し続け…… 試験開始。
問題用紙を見てみると

「ああもう駄目かもしれない」

と、まず思いましたw 3/4の問題と、イラストは全部わかったのですが、残す1/4の問題がどうもw
ちょっと理解しにくい日本語の問題だったり、前提の全くわからない問題だったり。 悩みに悩んだ末にちょちょいと適当に解答。 この時点で確実に落ちたなと思いました。
結果発表は一時間後。それまでずっと暇でしたw それまで友達とずっとメール。
その一時間後に、電光掲示板にて合否結果の受験番号が出ると言うことで、落ちたつもりで待つことに。
落ちても受かってもすぐに帰っては駄目だそうで。 落ちた場合は書類の返却があるそうです。
自分はもう早く帰りたかったので、書類を受け取る準備を万全にしていましたw
そして一時間後、各学科やら試験やらの放送アナウンスが。

「自動車MT云々~、大型云々~、自動車AT限定云々~etc」

などと、どんどん合否結果発表のアナウンスが。 その中に原付も混ざっているはずだったのですが……何故か原付のアナウンスを聞くことはありませんでした。電光掲示板にも何も表示されず。
結果の発表が遅れているのかな? と、午後の12時まで待っても何もない。 インフォメーションに聞きに行きました。
…すると。

「え? 結果はもう出ましたよ?」

…またまたご冗談を……とか思いつつも、本当に既に出ていたそうで。
自分の合否結果を聞いてみました。





「えーっと、GR-nさんGR-nさん……あった、えっと、GR-nさんは残念ながら…。」


ですよねー…







と、なるはずだったのですが!

「GR-nさん………あ、OKが出ていますよ、受かってます。」

はい?

はいい?

ええええええ!


めちゃくちゃ驚きました。もう眼球が飛び出るんじゃないか、っていうくらいびっくりしましたw
まさか受かってるだなんて! 書類だけ受け取って帰る準備をしたのは無駄になりましたねw
あまりの嬉しさに、友達に喜びのメールをしまくり。 ほんと嬉しかったのですw

その後講習を受け、全てが終わったのは夕方5時ちょっと前。 ついに自分の免許証が!
もう大感動。 そもそもこの日に取れたこと自体に感動。 

免許も取得したことですし…あとは原付の本体! いやあ、数ヵ月後がとても楽しみですw

Secret

TrackBackURL
→http://grneg.blog115.fc2.com/tb.php/455-2ad401d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。