上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テスト前に作っていたABCホビーのランエボⅢボディ。 テストを過ぎてからいつかは作ろうと思っていたのですが
何だかんだでもうすぐバイトが始まります。 バイトが始まると言うことは、暇が少なくなるということ。
そして、疲れて何かをする気力も失せるという事になります。 ボディの製作には毎回かなりの気力が必要です。
…ということで、急遽製作を再開してみました。 8時間かけてマスキング作業をし、12時間かけて塗装を全て終わらせました。
ボディ製作に20時間もかかっていますが、休憩なしでずっと寝ないで作り続けていましたねw
何日かに分けて作ろうとすると自分は駄目です。 何故なら翌日には製作意欲も失せていますから
ぶっ続けで作り続けないと完成させることは出来ないのですw

そして、完成したボディがこちら。




DSCN4903.jpg DSCN4904.jpg
DSCN4898.jpg

か…かっこいい!
意外とこれは満足ですねw 作って良かったですw
このボディに苦労したのはやはりマスキング。 まず最初にウィンドゥ、窓枠。その次にフロントグリル、フロントバンパーダクト、ボンネットダクト、ヘッドライト、テールランプ、リアのナンバープレート周りのマスキング。
その次はドアやボンネットラインの極細のマスキング、中央2本のストライプのマスキング。
ストライプのマスキングには地味に苦労しました。 ちゃんと中央になるべくバランス良くラインをマスキングするのと、フロント周りの凹凸によるマスキングの手間。 うまく塗装後にまっすぐラインが引かれていないとおかしいですし。この辺のバランスの調整にもまた苦労しましたね。
当然マスキングミスも数え切れないほどありますが、自分は満足しているので別に良いですねw
10時間前後かけて一通りの塗装が終わったら、今度はヘッドライト部分/テールランプ部分の塗りわけのマスキングを開始。
リアのテールは、某仕様にするためにマスキングテープを丸型にカットして、ブレーキランプ・ウィンカー・バックランプの3種類を貼り付けてマスキングしたあと、ガンメタを吹き付けます。
乾いたら今度はブレーキランプの塗装。 フロストレッド → 半透明シルバー。 これでかなりいい感じの仕上がりになりますね。
ウィンカーは、フロストオレンジが手元になかったため、普通のオレンジを使用。 薄く吹き付けたあとに半透明のシルバーを吹き付けて塗装完了。
フロントのウィンカー部も同じく、オレンジを薄めに+半透明シルバー。 やはりちょっとリアルさが欠けてしまっていますが、まあいいでしょう。
と言うかリアテールの丸型のマスキングは大失敗ですorz

…そういうことで、画像に写っている塗り分け部分は全て塗装仕上げ。 自分にしては相当頑張りましたね。
で、このボディの色にも当然元ネタがあったり。
 元ネタはこちら。


P1001736-1.jpg
P1001728.jpg

アーケードの湾岸ミッドナイトマキシマムチューン3DXで自分の使ってるマイカー仕様ですねw
いつかは作ろうと思っていたので、この機会を恵んでくださったらりほーさんに感謝です。
…そういえば、ウィングも同色に塗装しないといけませんね。。


さて、いよいよ今日は初バイトの研修! 頑張ってきますw

Secret

TrackBackURL
→http://grneg.blog115.fc2.com/tb.php/433-6f775817
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。