上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCN5287.jpg
NSR50用のホワイトタコメーターを購入して取り付けてみました!
めちゃくちゃ格好良いですw 買って良かったと思っています。
交換作業はいたって簡単。 アッパーカウルを取り外し、メーター裏のネジとケーブルを外すだけ。
ネジの取り外しには苦労しましたが、何とか外せてよかったです。
メーターの交換ついでに、タコメーターだけ若干傾けてみました。 ちょこっとレーシーな雰囲気になったので、とても気に入っていますw
更にこのホワイトメーター、イルミも明るいので夜間も大変見やすくてほんと良いですね。
そのうちスピードメーターも交換しようと思っています。 こういった簡単に出来る作業のカスタムは楽しいかもしれません。

さて、来週からまたテストが始まります。 バイクにちょこっと乗れなくなりますが…しょうがないことですね。

スポンサーサイト
DSCN5272.jpg
今日ははるばると横浜のほうにあるバイク屋へ行ってきました! 自分のNS-1を購入したお店です。
最近ブレーキやらTEMPランプやらヘッドライトの光軸やらが変だったり不調だったりしたので、バイクを見てもらいに購入店へ。
しかし、行ってきたのはいいのですが、その道のりが大変でした。 何せ遠い場所ですし、道も全くわからないので
頼りになるのはケータイのGPSと自分の方向感覚と勘だけです。
で、結局散々迷子になり、2時間かけてやっとバイク屋へ到着。 バイク屋のおっちゃんに 「なんで2時間もかかったの!?」 とかびっくりされる始末。 迷子になったんですもの、しょうがないじゃないですか!
行くときだけで何気に疲れがきてるのに、帰り道なんて…('A`)
それはさておき、一番の問題点であったブレーキについて見て貰いましたが、残念ながら自分の気になった症状がその時に発揮することなく、原因も対処法も曖昧で 「様子を見よう」 という結果に終わってしまいました。
その症状とは、走行中にフロントブレーキを握ると、 「ぶふっ!」 という、表現するのが恥ずかしくなるような音と同時にブレーキが全く利かなくなる症状のことです。
2~3回握り直して、やっと音も消えて普通に利くようになります。 一時期はこれが酷くてどうしたものかと考えていました。 最近は回数もわりと減ったので良いのですが。
音からして、フェンダーか何かに 「何かが」 干渉しているような感じがします。
また頻繁に症状が出るようになったら、もう一度バイク屋へ行ってみることにします。

そしてヘッドライトの光軸。
ロー/ハイ切り替えスイッチを操作し、ローにすると左ヘッドライトが超ロービーム、右ヘッドライトが若干ハイビームになり
スイッチをハイにすると左ヘッドライトはやっとロービームくらいの位置に、そして何故か右ヘッドライトが真下を照らすような感じの超超ロービームになるという、この光軸のおかしさ。 そもそも何で右ヘッドライトがロー/ハイが逆転しているんだと思いました。
作業にはアッパーカウルの取り外しが必要なため、少々時間がかかるとのこと。 その間お店にあるバイクを見てました。
お店の裏のほうへ行ってみると、ちょうど入庫したばかりか何かのNS-1がちょこんと置いてありました。
このNS-1に不覚にも一目惚れ! カラーリングがかっこよすぎます! 前期型のNS-1ですが、車体の色は白に赤の3本のストライプ。 素晴らしい! 自分好みですw
単色の前期はあまり好きではないのですが、こういったカラーやロスマンズなどのレーシングカラーの前期型は大好きです。 なんでこんなに格好良いのだろう、と思うくらいかっこいいと思います。
ちょっと欲しいと思いました。 2型のNS-1にこのカラーリングは合わないでしょうね。多分。

そして話は戻り、右ヘッドライトはいろいろと弄ってみても逆転仕様が何故か変わらない。 更に弄ってみて、試しにお店にあった適当な同じ形の電球に交換してライトを点灯してみたら、見事に逆転仕様が直っていました。
どうやら球に問題があった様子。 というわけで、試しにつけてみたほうの電球を外すことなくそのままつけてくれました。 しかも前の電球より明るさが数段UP! 嬉しいですねw
無事に光軸の調整も終わり、ロービーム/ハイビームがやっとまともに機能するようになり、更に嬉しかったです。 これで夜も安心して走れます。
それから少し喋っているときに、おっちゃんが一つとある事に気づく。

「GR-n君、結構走ってるんだねー。 オイルがもうほとんどないじゃんw」

えぇ、そうです。 購入してからまだ2週間ですが、納車当時は2stオイルが満タンに入っていたのですが
それが今では2割くらいしか残ってません。 まあそりゃあ買ってから750kmも走ってれば減りますけどね(汗

「まあせっかくここまで来てくれたんだし、オイル入れとくねー。」

なんと。 わざわざ親切にもオイルを入れてくださるそうで!
これまた嬉しかった。 満タンに入れてくれました。 1000円相当を得しましたw
無料でいろいろと問題が解決していってくれたので、わざわざ片道50kmも走った甲斐があったってもんです。
で、お礼を言ったあとにお店を出ました。 店を出る前に、お店から地元に戻るまでの近道を教えてもらっていたので
帰り道は大丈夫かな、と思ったらそうでもなかったという。 行くときより迷子になりました。 何してるんでしょう。
結局帰るまで2時間半もかかってしまいました。 本日一日だけで120kmも走ったので大変疲れました。お疲れ様です、自分。


…長文になりましたが、そろそろこの記事のトップにあるグローブについて触れましょうか。
素手でスロットルを握っていると、段々と親指の内側が擦れてきて痛いです。 それに事故った時のことも考え、グローブの購入を決意。
RXXさんと一緒にバイクのパーツショップへ。 数あるグローブの中、いろんなグローブと迷いましたが
画像の物を購入しました。 お値段約5500円。 自分からしたら結構良いものを買ったなと思っていますw
色が赤というのもポイント。 やはり自分の好きな色じゃないと!

…グローブの話がメインになるはずだったのに、いつの間にバイク屋の話で流れていってしまいましたね。
特にオチも無いので、以上、バイクの話でした。

DSCN5250.jpg
NS-1に乗り始めて早2週間。 あっという間に過ぎていきました。
このバイクがあるだけで、毎日が充実しているような気もしてきますw うるさいバイクですが、ほんと楽しいですね。
しかしメットインが本当に便利です。 街乗りに重宝しますね。 多少の物ならバイク内に収納できるというメリットはとても大きいです。 
最近走ってて思うのは、路面の継ぎはぎに沿ってタイヤを乗せたとき。 ハンドルが取られます。
道路の路肩を走るときなんかも、継ぎはぎのやらドブやらの段差を踏んだときにハンドルが左右どちらかに取られるので、すぐ隣に車がいたりするとぶつかりそうで怖いです。
とりあえず、安全運転が第一です!

そういえば、燃費が気になってちょっと計算してみました。 今までの走行距離とガソリンを入れた回数で計算すると、平均1リッターあたり35kmほど走っていました。 何気に燃費が良いのが嬉しいです。
で、全開が多いときでも大体25kmくらいは走っている様子。 近々箱根でも旅してみたいものです。

DSCN5258.jpg

2009.06.16 バイク。
DSCN5246.jpg
若干お久しぶりです!
ネタも一応あることですし、これからはちょこちょこ更新できたらな、と思いますー。
ちなみにこれ、買いました。 車体16万+諸費用4万=20万。
程度の良い2型NS-1だそうで、ほとんど即決に近い。 納車時の走行距離は見ていませんでしたが、大体17500kmくらいだったはず。メーター読みです。
納車から1週間ちょい経った今現在、走行距離は18000km超えました。 結構走っていますw
納車当時はまず、ギアの操作に慣れるのが大変でした。 
エンジンかける → ギアを1速に入れてみる → 「あ、クラッチ入れてないや」 → エンスト。
これの繰り返しが3回、 よし、ゆっくり操作してみよう! と思い
エンジンかける → クラッチ握ってみる → ギアを1速へ → 少しずつスロットルを入れる → 同時にクラッチも徐々につなげてみる → 少しずつ発進 → どきどきして思わずクラッチ離す → エンスト。
これが2回か3回ありました。
何度かやっていくうちに、段々と操作方法や発進のやり方がわかってきたので、今度は走行してみよう、と言うことで
車の通らない細い裏道で軽く走行練習。 ギアチェンジに自信が無かったので、最初のうちは1速の低回転、時速はおよそ10km/h程度で走っていました。 まともに乗るバイクが初めての自分にとっては
10km/hでも中々の速さ。 正直、10km/hも出せば充分じゃないか? とか考えてしまうくらいそこそこ速く感じていましたw 30km/hだなんてとんでもない…。
低回転域の加速は、とても扱いやすく感じたので、少しずつ慣らしていくうちに徐々に回転数も上げつつ
シフトチェンジの練習も開始。
1速で走行中 → どきどきしながらクラッチを握る → 2速へシフトアップ → クラッチ離してアクセルを入れる → おお、できた!
しかし、ずっと2速~の低回転域で走っているため、多少の道のちょっとした山があったりするとすぐに減速してエンスト。 シフトダウンの練習もやらなきゃな、と思いました。
それから数十分、ほんの少しずつ慣れてきたので、思い切って高回転まで回してみることに。

低回転、15km/hで走行中 → スロットル徐々に入れる → パワーバンド突入



!?



びっくりしました、かなりの衝撃を受けました。 何この異常な加速。 当時の自分の体感的に言えばジェットコースターのかなり急な下りくらいの勢いはありました。 しっかりとハンドルをつかんでいないと吹っ飛ばされそうだな、と。
とにかくインパクトが凄かった。 あまりの速さに。 扱える自信が全く無かったので、パワーバンドに入れるのがちょっと怖かったです。
なので数時間は低回転でシフトチェンジの練習。 車の通らない裏道ながらも、徐々にウィンカーを忘れずしっかり出してでの右折や左折も練習してみました。
で、ちょこちょこ中回転域も使ってみたり。 あとはとてもうるさいバイクなので、あまり近所を周回したりは出来ませんでした。
社外チャンバーのおかげで余計に音量が上がっているようです。 ちょっと残念。 今のところ太いチャンバーがついているのですが、そのうち純正にしようかなと思っています。
ふと気づきました。 アイドリングで音がかなりでかいと思っていましたが、これでもまだマシなほうなんだ、と。
高回転での音が半端ないですからね。 なるべく低回転で走りたいのですが、パワーがほとんど出ないので
街中をあまりスムーズに走れないのが残念。 やはり中回転~高回転ですね。
あとは坂道でも常にパワーバンドに入れてないと、すぐに回転がどんどん落ちていきます。

今現在は練習のおかげで、街中も普通に走れるようなレベルになってきています。
今のところ問題なのは、発進のスムースさについて。 発進がどうももたつくので、 信号で停車していて、後ろにスクーターが居ると
スムースに発進出来ないことについて申し訳なく思ってしまいます。 最近はマシなほうになってきてはいるのですが。
最初の頃なんかはクラッチを繋ぐ感覚をつかめきれていなくて、大抵の発進時はエンストギリギリのところまで車体がガクッとしますw これが危ない。 
あと他に危ないところ言えば、シフトダウンについて。 停車しようとして1段1段シフトを下げていきますよね? その下げたギアでスピードがどのくらい出ているか、クラッチをどのタイミングで離すか。
低いギアのエンジンブレーキがかなり凄いのです。 スピードが20km/hくらいで1速へシフトダウン、クラッチを離すと急減速して大変危険です。 後続車が居るときがほんと怖いですね。
注意はしていますが、やらかしてしまう時がちょこちょこっと。 最初のころを比べれば随分減りました。 最初から完全に停止するとわかっていれば、減速中にシフトダウンしなくても
車体が止まってから1速までシフトダウンしたほうが安全と言えば安全かもしれません。


…と、長文になりましたが、これから少しずついろんな問題を解消していきたいと思いますー。


p.s
タイヤが細くてダサいと言われるこのタイプのバイク、写真で見ると木になりますが実物で見ると全く気になりません。 不思議ですね。

※画像の場所は駐車場内であり、バイク進入禁止の看板はその先へ行くことについて指しています。

P1001854.jpg
一週間ぶりくらいでしょうか。 ほんとにネタもなく更新は全く出来ませんでした。
…一応ネタはあったといえばあったのですが…。
今回のネタは、要約すると画像の通り。 これはもうあれしかないでしょう!
今度バイク屋でちょこっとなんか買いにいきたいと思います。
しかしNS-1のシートって意外とふかふかなんですね。 どうせ薄っぺらくてあっても無くても変わらない程度のものだろう、と思い込んでいたのですがぜんぜん違いました。これは良い。

詳細はまた後日書けたら書こうと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。